今朝に生きていたもの

台風が今晩にも上陸するであろう朝、トンボが何十匹も飛んでいました。

なんでこんなときに生まれてきたのだろう。

今日を満喫し、明日はどうにか耐え忍ぶのだよ。

そう思ったけれど、

トンボもノウゼンカズラも僕らも、カミサマから見れば同じようなものなのでしょうね。

どうぞお元気で。梅雨明けにまた。

ノウゼンカズラ
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

3月の

3月9日。春らしさを探して散歩しました。

思い描いた日曜は陽とハクモクレンであふれてて。キラキラ光る海。梅、桃、桜。あたたかな写真を撮るはずでしたが、惹かれたのは椿。

3月のこのまだ冷たい空気を、愛おしいと感じました。

椿
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

冬の花

12月の霧島で咲いていた花です。

flowers

*lens: COSINA Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50
*camera: NIKON F6
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

ヨソ

激しい雨で、ノウゼンカズラが、花も蕾も落ちてしまった。

ユリのようなもの、朝顔のようなもの、リコリスのようなもの。他にも咲いているのに、撮る気になれず数日。

僕はコノ花が、しかも、ヨソのではなく、ココに咲く花が好きなのだなと思った。

ノウゼンカズラ

*lens: COSINA VoightLander NOKTON classic 35mm F1.4 SC
*camera: SONY NEX-7
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

毎日

6月7日、木曜日。夏のような日の翌日。近所の小道にノウゼンカズラが咲きました。

初めに二輪。夕方にはもう一輪。翌朝には、たくさんの花。

梅雨。強い雨の日もあります。

サイテ、フラレテ、オチテ。

サイテ、フラレテ、オチテ。繰り返す。

Musume(5歳0ヶ月)の幼稚園バスを見送り、撮りにゆく。

数日前にも見たような、前の夏にも見たような、けれども違う毎日。

目の前の一輪を。雨の滴を。撮り、届ける。

とぅーゆー。ふぉーゆー。

ソレは誰かのチカラになるだろうか、ならないだろうか。と考える。続ける。ソウスルコトから、何かを貰っているように感じます。

ノウゼンカズラ

*lens: COSINA VoightLander NOKTON classic 35mm F1.4 SC
*camera: SONY NEX-7
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

時季外れ

家から10kmほど北へ行くと、合歓の木(ネムノキ)の咲く道がある。

車ならば10分と少し。途中に小さな水力発電所のある川沿いの綺麗な山道、温泉宿の並ぶあたりに花が咲く。

夏の初めに、ソレを撮るツモリが逃した。

僕には、過ぎた日を何度も何度も思い返す習慣がある。そうしても事実が変わらぬことは承知している。けれども、ソノ価値を育むことは出来るし、今へ向かう強さも得られる。だから、疎かにせず向き合い、刻まれたモノを胸に歩く。

とは言っても、たまには目を逸らしたいこともあるわけで。

秋は、闇雲に駆けた。一人では賄いきれぬ仕事も躊躇なく受け、膨れる課題に追われ、優しい人たちに助けられながら、進んだ。

そろそろチカラも尽きそうな師走のある日、夏の朝に咲き夜に閉じるソレを山で見つける。時期外れの合歓の木。

立ち止まり、花を眺める。

見つけるまで忘れていたけれど、ずっと探してたのだと思った。

時期外れ。的外れ。道外れ。それでいい。僕は探してたのだと思う。

きっと、温泉の温かさが木を勘違いさせたのだろう。

ソウ思ったし、すぎた季節はもう戻らないけれど、僕も束の間、勘違いに浸り、写真を撮った。

夢でも咲く。

合歓の木
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

うずまくもの

この夏から、Mstyle-shop.com のTOPに、自分の写真を掲載させてもらっている。

今回は秋桜。



季節の移ろいを感じられるよう、山へ、海の近くへ、撮りにゆく。

あたりまえのことだけれども、買われる花たちも、お店に来る前には根があって、土と繋がってて。

ソレを載せたほうがいい理由を、上手に語れはしないけれど、そのほうがいい気がして。

写真を撮ることと、仕事 = 誰かに何かを提供することも、コノ秋、僕の中で繋がって。

いろいろないろいろが、実ったなあと思う。

胸に渦巻いてしまうものは、あいかわらず僕の中にある。

抑えずに、簡単には吐き出さずに、ソコへ注ぐことにするよ。

見といて。
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

彼岸花

彼岸花を撮るのはもう飽きたかも。

そんなことを言いながら、霧島神宮手前の道路脇に車を停めて。

日陰、日向、車道の向こう側、車が来ないのを見計らって車道から。

黒い蝶を追いかけて。

もう1週、早くくればヨカッタ。

彼岸花
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

夏と秋

ノウゼンカズラと彼岸花が、並んで咲いてた。ソノ上には柑橘系の何か。

この間まで夏だったし、今も、こんな風に、夏がある。

そろそろ車で眠ると夜中は震えるけれども、昼間は半袖ですごす。

肌寒さは好きだから、車で霧島へ上る。

冷たく綺麗な水は、美味しい蕎麦とパンを生む。ソレを食べる。

鹿児島の秋は、短い。

ノウゼンカズラと彼岸花
Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink

道端の向日葵

花をさがしに霧島へ行ったのだけれど、あまり花はなくて。

ねむの木は枯れはじめていて。

あきらめた帰り道。曲がる角を間違えたら、道端に向日葵が咲いてた。

花をさがそう、さがそう。

ソウしていたから目に入ったのだと思う。

*lens: SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMamazon
*camera: SIGMA SD15amazon

Posted by undoandy
Category : 三ツケニ
Permalink
| 1/2PAGES | >>