1歩

8月11日、土曜日。

映画プロデューサー 前田浩子(コウコ)さんにお会いするため、KTS ナマ・イキVOICEのスタジオへ行きました。

生放送の始まる1時間前。自分が映るわけではないのに緊張する僕。ソノ目に、スタジオを装花するアノもじゃもじゃ頭が映る。

串木野で、花と雑貨のお店 Teboyaを営むテボヤンです。

お互いの存在をインターネットを介してウッスラと知ってはいました。けれども、初対面。なのに不思議と息が合う。奥さま&娘さまとも、楽しくお喋りし、放送中も、スタジオの観覧席に4人仲良く座り、駄菓子を食べながらすごしました。

そのTeboyaのWebサイトには、こう記されています。

"しあわせのお手伝いをさせていただければと思います。誕生日、記念日、ウェディングなど大切な日にもちろん普通の暮らしに一輪のお花をどうぞ。"

「同じ考えだ。」と安易に括りたくはないし、短時間の会話でソウするのは失礼だと思う。だけれども、「花を束ねる。」のこと、花屋で気軽に1輪を買うことなどについて話し、共通する想いがあるように感じました。そして、この家族の仕事を、撮ってみたいなと思いました。思います。

花と、花に携わる人たちを撮る。

ソウ思いながら、なかなか動く範囲を変えられずに居たのだけれど。コノ日は、1歩進んだような気がします。

GOOD NEIGHBORS JAMBOREE が終わったら、串木野へ遊びに行こう。
Posted by undoandy
Category : 雑記
Permalink
<< 赤い花 | TOP | 花を束ねない。 >>